SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成20年問49)土地の形質 | main | 平成20年問21肢4の徹底検証(暫定版081107) >>
【宅建過去問】(平成20年問50)建築物の構造

建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建築物の高さが60mを超える場合、必ずその構造方法について国土交通大臣の認定を受けなければならない。
  2. 階数が2以上又は延べ面積が50m2を超える木造の建築物においては、必ず構造計算を行わなければならない。
  3. 建築物に異なる構造方法による基礎を併用した場合は、構造計算によって構造耐力上安全であることを確かめなければならない。
  4. 高さが20m以下の鉄筋コンクリート造の建築物の構造方法を国土交通大臣の認定を受けたプログラムによってその安全性を確認した場合、必ず構造計算適合性判定が必要となる。

正解:2

【1】 ○ 正しい

建築物の高さが60mを超える場合、必ずその構造方法について国土交通大臣の認定を受けなければならない(建築基準法6条1項1号)。

【2】 X 誤り

木造建築物において、必ず構造計算を行わなければならないのは、階数が3以上又は延べ面積が500屐高さが13mもしくは軒の高さが9mを超える木造の建築物である(建築基準法6条1項2号)。 大規模建築物に対する規制である。

【3】 ○ 正しい

建築物に異なる構造方法による基礎を併用してはならない。しかし、建築物の基礎について国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によって構造耐力上安全であることが確かめられた場合においては、併用してもよい(建築基準法施行令38条2項、4項)。

【4】 ○ 正しい

高さが20m以下の鉄筋コンクリート造の建築物の構造方法を国土交通大臣の認定を受けたプログラムによって安全性確認したということは、その建築物は建築基準法6条1項3号の定める大規模建築物であったことになる(20条3号イ)。
この場合、必ず構造計算適合性判定が必要となる(6条5項)。

| 平成20年過去問 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/889561