SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問14)定期建物賃貸借(借地借家法) | main | 【宅建過去問】(平成19年問16)不動産登記法 >>
【宅建過去問】(平成19年問15)区分所有法

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 規約は、管理者が保管しなければならない。ただし、管理者がないときは、建物を使用している区分所有者又はその代理人で規約又は集会の決議で定めるものが保管しなければならない。
  2. 最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、建物の共用部分を定める規約を設定することができる。
  3. 規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならない。
  4. 規約の保管場所は、各区分所有者に通知するとともに、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。

正解:4

【1】 ○ 正しい

規約は、管理者が保管しなければならない。ただし、管理者がないときは、建物を使用している区分所有者・その代理人で規約・集会の決議で定めるものが保管しなければならない(区分所有法33条1項)。

【2】 ○ 正しい

最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、建物の共用部分を定める規約を設定することができる(区分所有法32条)。

【3】 ○ 正しい

規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならない(区分所有法33条2項)。

【4】 X 誤り

規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない(区分所有法33条2項)。
しかし、各区分所有者に通知することまでは必要とされていない。


  1. 宅建試験合格TV | [Point.72] 区分所有法:規約・義務違反者への措置

| 平成19年過去問 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/675093
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
平成19年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。 受験者数 209,697人 合格者数 合格率(倍率) 合格点 出題された問題の一覧です。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:37 PM |
[Point.72] 区分所有法:規約・義務違反者への措置
1.規約とは 建物や敷地の利用・管理など、区分所有者相互間の事項について集会で「規約」という規則を定めることができる。 2.規約の設定、変更または廃止 区分所有者および議決権の3/4以上の賛成が必要。 3.規約の効力 包括承継人・特定承継人・占有
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 1:08 AM |