SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問11)瑕疵担保責任 | main | 【宅建過去問】(平成19年問13)物権の移転と対抗問題 >>
【宅建過去問】(平成19年問12)相続

AがBに対して1,000万円の貸金債権を有していたところ、Bが相続人C及びDを残して死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Cが単純承認を希望し、Dが限定承認を希望した場合には、相続の開始を知った時から3か月以内に、Cは単純承認を、Dは限定承認をしなければならない。
  2. C及びDが相続開始の事実を知りながら、Bが所有していた財産の一部を売却した場合には、C及びDは相続の単純承認をしたものとみなされる。
  3. C及びDが単純承認をした場合には、法律上当然に分割されたAに対する債務を相続分に応じてそれぞれが承継する。
  4. C及びDが相続放棄をした場合であっても、AはBの相続財産管理人の選任を請求することによって、Bに対する貸金債権の回収を図ることが可能となることがある。

正解:1

【1】 X 誤り

限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる(民法923条)。
したがって、「Cは単純承認を、Dは限定承認をする」というのは不可能である。

■類似過去問
【宅建過去問】(平成14年問12肢2)相続の承認・放棄

【2】 ○ 正しい

相続開始の事実を知りながら、相続人が相続財産の一部を処分した場合には、単純承認をしたものとみなされる(民法921条1項)。
したがって、C及びDは相続の単純承認をしたものとみなされる。

【3】 ○ 正しい

各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を取得する(民法899条)。
したがって、C及びDは、法定相続分の割合に応じて、法律上当然に分割された債務を承継する。

【4】 ○ 正しい

相続人が存在しない場合、利害関係人は、家庭裁判所に対して相続財産管理人の選任を請求することができる(民法918条)。
したがって、C及びDの相続放棄により相続人が存在しなくなっったとしても、相続財産管理人を通じて、AはBに対する貸金債権の回収を図ることができる場合がある。


  1. 宅建試験合格TV | [Point.96] 相続の意義と相続

| 平成19年過去問 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/675091
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
平成19年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。 受験者数 209,697人 合格者数 合格率(倍率) 合格点 出題された問題の一覧です。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:37 PM |
[Point.96] 相続:相続の意義と相続人
1.相続 相続される人(被相続人)の財産を、その者の死後に、法律が特定の者(相続人)に当然に受け継がせる制度。 相続人の意思で、その効果を受けるか(承認)、受けないか、(放棄)を決めることができる。 2.承認 「単純承認」と「限定承認」
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 1:15 AM |