SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問05)不法行為 | main | 【宅建過去問】(平成19年問07)担保物権 >>
【宅建過去問】(平成19年問06)物権の移転と対抗問題

不動産の物権変動の対抗要件に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、この問において、第三者とはいわゆる背信的悪意者を含まないものとする。

  1. 不動産売買契約に基づく所有権移転登記がなされた後に、売主が当該契約に係る意思表示を詐欺によるものとして適法に取り消した場合、売主は、その旨の登記をしなければ、当該取消後に当該不動産を買主から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。
  2. 不動産売買契約に基づく所有権移転登記がなされた後に、売主が当該契約を適法に解除した場合、売主は、その旨の登記をしなければ、当該契約の解除後に当該不動産を買主から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。
  3. 甲不動産につき兄と弟が各自2分の1の共有持分で共同相続した後に、兄が弟に断ることなく単独で所有権を相続取得した旨の登記をした場合、弟は、その共同相続の登記をしなければ、共同相続後に甲不動産を兄から取得して所有権移転登記を経た第三者に自己の持分権を対抗できない。
  4. 取得時効の完成により乙不動産の所有権を適法に取得した者は、その旨を登記しなければ、時効完成後に乙不動産を旧所有者から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。

正解:3

【1】 ○ 正しい

(1)売主から買主への売却
(2)売主が詐欺により取消
(3)買主が第三者に売却
というプロセスを経ており、売却を受けた第三者は取消の第三者にあたる。

この場合、売主と第三者との優劣関係は、 通常の対抗問題として考える(大判昭17.09.30民法177条)。
つまり、買主を起点として、
取消による物権の復帰を求める売主
買主からの取得を理由に所有権の移転を求める第三者
の二重譲渡類似の関係があると考えるのである。

したがって、売主は物権を復帰する旨の登記をしなければ、第三者に所有権を対抗できない。

【2】 ○ 正しい

(1)売主から買主への売却
(2)売主が契約解除
(3)買主が第三者に売却
というプロセスを経ており、第三者は解除の第三者にあたる。

この場合、売主と第三者との優劣関係は、 通常の対抗問題として考える(最判昭35.11.29民法177条)。
つまり、買主を起点として、
契約解除による物権の復帰を求める売主
買主からの取得を理由に所有権の移転を求める第三者
の二重譲渡類似の関係があると考えるのである。

したがって、売主は物権を復帰する旨の登記をしなければ、第三者に所有権を対抗できない。

【3】 X 誤り

共同相続の場合、相続人の1人(兄)が単独所有権取得の登記をなし、これを第三者に譲渡し、その第三者が登記したとしても、他の相続人(弟)の持分に関し兄は無権利者に過ぎない。
したがって、弟は自己の持分を登記なくして、第三者に対抗することができる(最判昭38.02.22)。

■関連過去問
【宅建過去問】(平成15年問12肢1)相続・対抗関係

【4】 ○ 正しい

(1)旧所有者から時効完成による取得
(2)旧所有者から第三者が取得
というプロセスを経ており、第三者は時効完成の第三者にあたる。

この場合、時効取得者と第三者との優劣関係は、 通常の対抗問題として考える(最判昭38.08.28民法177条)。
つまり、旧所有者を起点として、
時効による所有権取得を主張する者
旧所有者からの取得を理由に所有権の移転を求める第三者
の二重譲渡類似の関係があると考えるのである。

したがって、時効取得者は、その登記をしなければ、第三者に所有権を対抗できない。

■関連過去問

【宅建過去問】(平成13年問05)物権の移転と対抗問題

  1. 宅建試験合格TV | [Point.50] 解除権の行使とその効果
  2. 宅建試験合格TV | [Point.60] 物権の移転と対抗問題

| 平成19年過去問 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/674889
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
平成19年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。 受験者数 209,697人 合格者数 合格率(倍率) 合格点 出題された問題の一覧です。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:37 PM |
[Point.60] 物権の移転と対抗問題
物権(所有権など):当事者の意思表示のみによって移転。 不動産の権利者(持主など)が、二重の意思表示(二重売買)をした場合は、先に登記を得た方が勝つ。 2の理由→「不動産物権の変動は登記がなければ第三者に対抗できない」 「第三者」:登
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 1:04 AM |