SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問04)共有 | main | 【宅建過去問】(平成19年問06)物権の移転と対抗問題 >>
【宅建過去問】(平成19年問05)不法行為

不法行為による損害賠償に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 不法行為による損害賠償の支払債務は、催告を待たず、損害発生と同時に遅滞に陥るので、その時以降完済に至るまでの遅延損害金を支払わなければならない。
  2. 不法行為によって名誉を毀損された者の慰謝料請求権は、被害者が生前に請求の意思を表明しなかった場合でも、相続の対象となる。
  3. 加害者数人が、共同不法行為として民法第719条により各自連帯して損害賠償の責任を負う場合、その1人に対する履行の請求は、他の加害者に対してはその効力を有しない。
  4. 不法行為による損害賠償の請求権の消滅時効の期間は、権利を行使することができることとなった時から10年である。

正解:4

【1】 ○ 正しい

不法行為に基づく損害賠償債務は、何らの催告を要することなく、損害の発生と同時に遅滞に陥る(最判昭37.09.04)。
したがって、支払いにあたっては、損害発生時以降完済に至るまでの遅延損害金を支払わなければならない。

■関連過去問
【宅建過去問】(平成12年問08肢4)不法行為

【2】 ○ 正しい

慰謝料請求権は、被害者の一身に専属する権利ではあるが、本人の請求意思の有無にかかわらず相続の対象となる(最判昭42.11.01)。
したがって、たとえ被害者が生前に請求の意思を表明していない場合でも、慰謝料請求権は相続の対象となる。

※これとは別に、被害者の配偶者や子には、その精神上の苦痛に関し、固有の慰謝料請求権が認められる(民法711条)。

【3】 ○ 正しい

共同不法行為(民法719条)においては、加害者全員が被害者に対して不真正連帯債務を負うのであって、連帯債務を負うわけではないから、連帯債務に関する民法434条の規定は適用されないことになる(最判昭57.03.04)。
したがって、被害者が加害者の1人に履行を請求したとしても、他の加害者に対しては履行を請求したことにはならない。

【4】 X 誤り

不法行為による損害賠償の請求権は、
(1)被害者またはその法定代理人が損害および加害者を知った時から3年間行使しないとき
または
(2)不法行為時から20年
で、時効によって消滅する(民法724条)。
「権利を行使することができることとなったときから10年」ではない。

■関連過去問
【宅建過去問】(平成12年問08肢3)不法行為


  1. 宅建試験合格TV | [Point.100] 譲渡担保・即時取得

| 平成19年過去問 | 00:53 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |
正解が3となっていましたのでビックリしました。正解は4です。
| 武島由信 | 2009/05/05 5:26 PM |










http://blog.e-takken.tv/trackback/674777
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
平成19年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。 受験者数 209,697人 合格者数 合格率(倍率) 合格点 出題された問題の一覧です。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:37 PM |
【宅建過去問】(平成11年問09)不法行為(使用者責任)
Aの被用者Bが、Aの事業の執行につきCとの間の取引において不法行為をし、CからAに対し損害賠償の請求がされた場合のAの使用者責任に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 Bの行為が、Bの職務行為そのものには属し
| 宅建試験合格TV | 2007/11/04 12:16 AM |