SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問20)開発許可(都市計画法) | main | 【宅建過去問】(平成19年問22)用途制限(建築基準法) >>
【宅建過去問】(平成19年問21)建築基準法全般

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建築主は、共同住宅の用途に供する建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が180m2であるものの大規模の修繕をしようとする場合、当該工事に着手する前に、当該計画について建築主事の確認を受けなければならない。
  2. 居室を有する建築物の建築に際し、飛散又は発散のおそれがある石綿を添加した建築材料を使用するときは、その居室内における衛生上の支障がないようにするため、当該建築物の換気設備を政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。
  3. 防火地域又は準防火地域において、延べ面積が1,000m2を超える建築物は、すべて耐火建築物としなければならない。
  4. 防火地域又は準防火地域において、延べ面積が1,000m2を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁で有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000m2以内としなければならない。

正解:1

【1】 ○ 正しい

共同住宅は特殊建築物にあたる(建築基準法別表第1)。
したがって、その用途に供する部分の床面積の合計が100m2を超える場合には、大規模の修繕の際に建築確認を受けなければならない(建築基準法6条1項1号)。

【2】 X 誤り

石綿(アスベスト)の飛散・発散による衛生上の支障がないよう、建築物には石綿をあらかじめ添加した建築材料を使用してはならない(建築基準法28条の2第1号)。

※石綿を添加した建築材料を使用すること自体が禁じられているのであって、換気設備の技術的基準をどうこうすることで解決する問題ではない。

【3】 X 誤り

防火地域内では、延べ面積が100m2を超える建築物は耐火建築物としなければならない(建築基準法61条)。
しかし、準防火地域内で耐火建築物としなければならない建築物は延べ面積が1,500m2を超える建築物に限られる(建築基準法62条)。
したがって、準防火地域においては、延べ面積が1,000m2を超える建築物であっても、耐火建築物とする必要がない場合がある。

【4】 X 誤り

延べ面積が1,000m2を超える建築物は、防火壁で区画し、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000m2以内としなければならない(建築基準法26条)。
しかし、建築物が耐火建築物・準耐火建築物の場合は例外であり、防火壁で区画する必要はない。


  1. 宅建試験合格TV | [Point.65] 建築基準法:建築確認 
  2. 宅建試験合格TV | [Point.78] 建築基準法:防火対策

| 平成19年過去問 | 05:15 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/673168
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
解答速報に続いて、解説→動画解説を着々と進めております。 問題 出題項目 正解 解説 動画 問01 意思表示・意思能力 3     問02 復代
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:28 AM |
[Point.65] 建築基準法:建築確認
1.建築確認とは 建物の工事に先立って建物が法令に合致しているかどうかを建築主事または指定確認検査機関が確かめること。 ※指定確認検査機関→国土交通大臣又は都道府県知事が指定する民間機関 2.建築確認の要否 区域 建築物
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:34 AM |
[Point.78] 建築基準法:防火対策
1.防火地域・準防火地域内の建築制限 耐火建築物 耐火or準耐火建築物 外壁・軒裏で延焼のおそれある部分を防火構造とする 防火地域 階含3F以上 or 延面積100?超 左以外
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:40 AM |