SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問19)開発許可(都市計画法) | main | 【宅建過去問】(平成19年問21)建築基準法全般 >>
【宅建過去問】(平成19年問20)開発許可(都市計画法)

土地の区画形質の変更に関する次の記述のうち、都市計画法による開発許可を受ける必要のないものの組合せとして、正しいものはどれか。

  • ア 市街化調整区域内における庭球場の建設の用に供する目的で行う5,000m2の土地の区画形質の変更
  • イ 市街化調整区域内における図書館の建築の用に供する目的で行う3,000m2の土地の区画形質の変更
  • ウ 市街化区域内における農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う1,500m2の土地の区画形質の変更
  1. ア、イ
  2. ア、ウ
  3. イ、ウ
  4. ア、イ、ウ

正解:1

【ア】 X 許可不要

庭球場が第2種特定工作物にあたるのは、1ha(10,000m2)以上の場合に限られる(都市計画法4条11項都市計画法施行令1条2項1号)。
5,000m2の庭球場は、第2種特定工作物にはあたらない。
したがって、開発許可を受ける必要はない。

※本肢の場合、市街化調整区域内であることには特に意味がない。
特定工作物に該当しない以上、あらゆる区域で開発許可は不要である。

【イ】 X 許可不要

図書館は公益上必要な建築物に該当するから、開発許可は不要である(都市計画法29条1項3号都市計画法法施行令21条17号)。

※本肢の場合、市街化調整区域内であることには特に意味がない。
公益上必要な建築物に関してはあらゆる区域で開発許可は不要である。

【ウ】 ○ 許可が必要

市街化区域内であるから、農業を営む者の居住用建物であっても、1,000m2以上の開発行為であれば開発許可が必要である(都市計画法29条1項1号都市計画法施行令19条1項)。
本肢では1,500m2の開発行為を行うのだから、開発許可が必要である。

※開発許可が不要となるのは、

  1. 市街化調整区域、
  2. 区域区分が定められていない都市計画区域
  3. 準都市計画区域

内で行う開発行為で、

  1. 農業、林業若しくは漁業の用に供する政令で定める建築物
  2. これらの業務を営む者の居住の用に供する建築物

の建築の用に供する目的で行うものである(都市計画法29条1項2号)。

以上より、開発許可を受ける必要がないのは、アとイなので、正解は選択肢1である。


  1. 宅建試験合格TV | [Point.59] 都市計画法:開発許可不要の開発行為

| 平成19年過去問 | 03:55 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/673156
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
解答速報に続いて、解説→動画解説を着々と進めております。 問題 出題項目 正解 解説 動画 問01 意思表示・意思能力 3     問02 復代
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:28 AM |
[Point.59] 都市計画法:開発許可不要の開発行為
1.開発行為 建築物や特定工作物の建築のための敷地の区画・形質の変更をいう。 2.特定工作物とは 第1種特定工作物 コンクリートプラント・アスファルトプラント、等をいう。 第2種特定工作物 ゴルフコース、1
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:33 AM |