SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問36)監督処分・罰則 | main | 【宅建過去問】(平成19年問38)広告・契約時期の制限 >>
【宅建過去問】(平成19年問37)営業保証金

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。なお、Aは、甲県内に本店と一つの支店を設置して事業を営んでいるものとする。

  1. Aが販売する新築分譲マンションの広告を受託した広告代理店は、その広告代金債権に関し、Aが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を有しない。
  2. Aは、免許の有効期間の満了に伴い、営業保証金の取戻しをするための公告をしたときは、遅滞なく、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
  3. Aは、マンション3棟を分譲するための現地出張所を甲県内に設置した場合、営業保証金を追加して供託しなければ、当該出張所でマンションの売買契約を締結することはできない。
  4. Aの支店でAと宅地建物取引業に関する取引をした者は、その取引により生じた債権に関し、1,500万円を限度として、Aが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を有する。

正解:3

【1】 ○ 正しい

営業保証金の還付の対象となる取引は、宅地建物取引業に関するものに限られる(宅地建物取引業法27条1項)。
広告代理店との広告に関する取引は宅建業に関する取引ではないので、還付の対象とはならない。

【2】 ○ 正しい

免許の有効期間の満了に伴う営業保証金の取戻しには、公告が必要である(宅地建物取引業法30条1項)。
この公告をした旨を免許権者である甲県知事に届け出なければならない(営業保証金規則8条3項)。

【3】 X 誤り

営業保証金供託の対象となるのは事務所だけである(宅地建物取引業法25条2項)。
現地出張所を設置したとしても、営業保証金の追加供託は不要である。

【4】 ○ 正しい

Aが供託している営業保証金は、本店につき1,000万円、支店につき500万円の合計1,500万円である(宅地建物取引業法25条2項宅地建物取引業法施行令2条の4)。
Aと宅建業に関する取引をした者は、供託された1,500万円を限度として、営業保証金から債権の弁済を受けることができる(宅地建物取引業法27条1項)。


  1. 宅建試験合格TV | [Point.16] 営業保証金の供託法
  2. 宅建試験合格TV | [Point.18] 営業保証金の還付
  3. 宅建試験合格TV | [Point.20] 営業保証金の取戻

| 平成19年過去問 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(5) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/672983
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
解答速報に続いて、解説→動画解説を着々と進めております。 問題 出題項目 正解 解説 動画 問01 意思表示・意思能力 3     問02 復代
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:18 AM |
[Point.16] 営業保証金の供託法
営業保証金とは、宅建業者と、宅建業に関する取引のあった者(貸金債権を有する銀行・賃金債権を有する使用人・広告代金債権を有する広告業者は除く)が、宅建業者の倒産等により損害を受けた場合、供託所から還付を受けることができるという制度である。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:03 AM |
[Point.18] 営業保証金の還付
営業保証金の還付とは、 業者と取引した相手方(取引上の債権者)が損害を受けた場合に、業者が供託した営業保証金から債権の弁済を受けること、 をいう。 還付により供託すべき営業保証金に不足が生じたときには、その不足額を、不足になった旨の
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:03 AM |
[Point.20] 営業保証金の取戻
宅建業者が営業保証金を取り戻すことができる場合 (1).廃業や破産等で免許が失効した場合 (2).免許を取り消された場合 還付請求権者に対し6カ月以上の期間内に権利を申し出るべき旨の公告後、申出がなかった場合、取り戻し可能。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:04 AM |
【宅建過去問】(平成21年問30)営業保証金
宅地建物取引業者A(国土交通大臣免許)が、宅地建物取引業法の規定に基づき供託する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 Aは、営業保証金を主たる事務所又はその他の事務所のいずれかの最寄りの供託所に供託することができる。 Aが営業
| 宅建試験合格TV | 2009/10/21 10:57 PM |