SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成19年問33)免許の欠格要件 | main | 【宅建過去問】(平成19年問35)重要事項の説明 >>
【宅建過去問】(平成19年問34)手付金等の保全措置

宅地建物取引業者Aが、自ら売主となって宅地建物取引業者でない買主Bに建築工事完了前のマンションを1億円で販売する場合において、AがBから受領する手付金等に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。なお、この問において「保全措置」とは、同法第41条第1項の規定による手付金等の保全措置をいう。

  1. Aが当該マンションの売買契約締結時に、手付金として500万円をBから受領している場合において、Bが契約の履行に着手していないときは、Aは、Bに500万円を償還すれば、当該売買契約を解除することができる。
  2. AがBから手付金として1,500万円を受領するに当たって保全措置を講ずる場合、Aは、当該マンションの売買契約を締結するまでの間に、Bに対して、当該保全措置の概要を説明しなければならない。
  3. AがBから手付金として1,500万円を受領しようとする場合において、当該マンションについてBへの所有権移転の登記がされたときは、Aは、保全措置を講じなくてもよい。
  4. Aが1,000万円の手付金について銀行との間に保全措置を講じている場合において、Aが資金調達に困り工事請負代金を支払うことができず、当該マンションの引渡しが不可能となったときは、Bは、手付金の全額の返還を当該銀行に請求することができる。

正解:1

【1】 X 誤り

宅建業者が自ら売主として受領した手付は解約手付の性質をもつ。
したがって、宅建業者Aから解約する場合には、手付の倍額(1,000万円)を償還しなければならない(宅地建物取引業法39条2項)。
500万円の償還で契約を解除することはできない。

※このような内容を特約したとしても、宅建業法の規定よりも買主に不利な特約であり、無効とされる(宅地建物取引業法39条3項)。

【2】 ○ 正しい

「手付金等の保全措置を講ずるかどうか、およびその内容」は重要事項の1つである(宅地建物取引業法35条1項11号)。
したがって、売買契約を締結するまでの間に、買主Bに対し、重要事項として説明しなければならない。

【3】 ○ 正しい

買主Bへの所有権移転登記をすれば、手付金等の保全措置を講ずる必要はなくなる(宅地建物取引業法41条但書)。

【4】 ○ 正しい

銀行は手付金等の返還債務の全部を保証している(宅地建物取引業法41条1項1号・2項1号)
したがって、買主Bは、保証した銀行に対し、手付金全額の返還を請求できる。


  1. 宅建試験合格TV | [Point.27] 一般不動産の説明事項
  2. 宅建試験合格TV | [Point.44] 手付金等の保全措置
  3. 宅建試験合格TV | [Point.45] 手付の額の制限等

| 平成19年過去問 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(5) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/672979
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX
解答速報に続いて、解説→動画解説を着々と進めております。 問題 出題項目 正解 解説 動画 問01 意思表示・意思能力 3     問02 復代
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:18 AM |
[Point.27] 一般不動産の説明事項
登記簿の権利関係、登記名義人または登記簿の表題部に記載された所有者の氏名 法令に基づく制限(政令で定める) 私道の負担に関する事項(建物の貸借契約の場合は説明しなくともよい) 電気・ガス・水道・排水に関する事項 工事完了時における形
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:10 AM |
[Point.43] 第三者の不動産を売るときの制限
宅建業者は、原則として自己の所有に属しない宅地又は建物につき、自ら売主となる売買契約(含予約)をしてはならない。 例外→以下の三つの場合には締結できる。 (1).宅建業者が物件を取得する契約(含予約)を締結している場合(停止条件付のものは除く
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:21 AM |
[Point.44] 手付金等の保全措置
宅建業者が自ら売主となる宅地建物の売買で、手付金等が工事完了前に支払われる場合は、受領手付金等が代金の5%以下でかつ1,000万円以下なら、手付金等の保全措置は不要。 宅建業者が自ら売主となる宅地建物の売買で、手付金等が工事完了後に支払われる
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:23 AM |
[Point.45] 手付の額の制限等
宅建業者は、自ら売主となる宅地建物の売買契約の締結に際し、代金額の20%を超える額の手付を受領することはできない。 宅建業者は、自らが売主となる宅地建物の売買契約の締結に際して、手付を受領したときは、相手方が契約の履行に着手するまでは、買主
| 宅建試験合格TV | 2007/10/29 12:24 AM |