SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 平成19年(2007年)宅建試験解答速報 | main | 【宅建過去問】(平成19年問30)取引主任者 >>
平成19年(2007年)本試験過去問INDEX

平成19年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。

受験者数 209,697人
合格者数 36,203人
合格率(倍率) 17.26%
合格点 35点

出題された問題の一覧です。
※「出題項目」欄のLINKから各問題(&解説)をご覧いただけます。

問題 出題項目 正解 解説 動画
問01 意思表示・意思能力  
問02 復代理  
問03 物権の移転と対抗問題  
問04 共有  
問05 不法行為  
問06 物権の移転と対抗問題  
問07 担保物権  
問08 根抵当  
問09 債権譲渡  
問10 債務不履行・危険負担  
問11 瑕疵担保責任  
問12 相続  
問13 物権の移転と対抗問題  
問14 定期建物賃貸借
(借地借家法)
 
問15 区分所有法  
問16 不動産登記法  
問17 事後届出
(国土利用計画法)
 
問18 都市計画法全般  
問19 開発許可(都市計画法)  
問20 開発許可(都市計画法)  
問21 建築基準法全般  
問22 用途制限(建築基準法)  
問23 宅地造成等規制法  
問24 土地区画整理法  
問25 農地法  
問26 所得税法  
問27 相続時精算課税の特例  
問28 不動産取得税  
問29 不動産の鑑定評価  
問30 取引主任者  
問31 主任者登録・主任者証  
問32 免許の要否  
問33 免許の欠格要件  
問34 手付金等の保全措置  
問35 重要事項の説明  
問36 監督処分・罰則  
問37 営業保証金  
問38 広告・契約時期の制限  
問39 媒介契約  
問40 重要事項の説明・契約書面  
問41 8つの規制  
問42 報酬  
問43 8つの規制  
問44 保証協会  
問45 主任者証・従業者証明書  
問46 住宅金融支援機構法  
問47 景品表示法  
問48 統計  
問49 地盤の特徴  
問50 建物に関する知識  

| 年度別過去問 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(53) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/672867
【宅建過去問】(平成19年問30)取引主任者
取引主任者の設置に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。 宅地建物取引業者Aは、1棟100戸のマンションを分譲するために案内所を設置し、当該案内所においては売買契約の申込みの受
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 8:35 PM |
【宅建過去問】(平成19年問31)主任者登録・主任者証
宅地建物取引主任者資格登録(以下この問において「登録」という。)及び宅地建物取引主任者証(以下この問において「取引主任者証」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 甲県知事の登録を受けて、甲県に所在
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 8:38 PM |
【宅建過去問】(平成19年問32)免許の要否
宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 Aが、競売により取得した宅地を10区画に分割し、宅地建物取引業者に販売代理を依頼して、不特定多数の者に分譲する場合、Aは免許を受ける必要はない。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 10:19 PM |
【宅建過去問】(平成19年問33)免許の欠格要件
宅地建物取引業の免許(以下「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 甲県に本店を、乙県に支店をそれぞれ有するA社が、乙県の支店でのみ宅地建物取引業を営もうとするときは、A社は、乙県知事の免許を受け
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 10:19 PM |
【宅建過去問】(平成19年問34)手付金等の保全措置
宅地建物取引業者Aが、自ら売主となって宅地建物取引業者でない買主Bに建築工事完了前のマンションを1億円で販売する場合において、AがBから受領する手付金等に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。なお、この問におい
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 10:21 PM |
【宅建過去問】(平成19年問35)重要事項の説明
宅地建物取引業者が宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項について説明する場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。 建物の貸借の媒介において、当該建物について石綿が使用されていない旨の調査結果が記録されているときは、その旨を借主に説明しなくて
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 10:21 PM |
【宅建過去問】(平成19年問36)監督処分・罰則
法人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に関する監督処分及び罰則に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。 Aが、建物の売買において、当該建物の将来の利用の制限について著しく事実と異なる内容の広告をした場合、
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 10:22 PM |
【宅建過去問】(平成19年問37)営業保証金
宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。なお、Aは、甲県内に本店と一つの支店を設置して事業を営んでいるものとする。 Aが販売する新築分譲マンションの広告を受託した広
| 宅建試験合格TV | 2007/10/23 10:23 PM |
【宅建過去問】(平成19年問38)広告・契約時期の制限
宅地建物取引業者Aの業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 Aは、実在しない宅地について広告又は虚偽の表示を行ってはならないが、実在する宅地については、実際に販売する意思がなくても、当該宅地の広告の表示に誤り
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:06 AM |
【宅建過去問】(平成19年問39)媒介契約
宅地建物取引業者Aは、BからB所有の宅地の売却について媒介の依頼を受けた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、誤っているものはどれか。 Aは、Bとの間に媒介契約を締結したときは、当該契約
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:07 AM |
【宅建過去問】(平成19年問40)重要事項の説明・契約書面
宅地建物取引業者Aが売主Bと買主Cの間の建物の売買について媒介を行う場合に交付する「35条書面」又は「37条書面」に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、35条書面とは、同法第35条の規定に基づく重要事項を記載した書
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:09 AM |
【宅建過去問】(平成19年問41)8つの規制
宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBと建物の売買契約を締結しようとし、又は締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。 Aは、自己の所有に属しな
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:11 AM |
【宅建過去問】(平成19年問42)報酬
宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)は、B所有の建物についてB及びCから媒介の依頼を受け、Bを貸主、Cを借主とする定期借家契約を成立させた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、1か月分の借賃は13
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:12 AM |
【宅建過去問】(平成19年問43)8つの規制
次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 宅地建物取引業者Aは、都市計画法第29条第1項の許可を必要とする宅地の造成工事着手前において、当該許可を受けていない場合であっても、当該許可を受けることを停止条件とする特約を付ければ
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:13 AM |
【宅建過去問】(平成19年問44)保証協会
宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 保証協会に加入することは宅地建物取引業者の任意であるが、一の保証協会の社員となった後に、重ねて他の保証協会の
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:14 AM |
【宅建過去問】(平成19年問45)主任者証・従業者証明書
宅地建物取引業法に規定する宅地建物取引主任者証(以下この問において「取引主任者証」という。)、従業者証明書、従業者名簿、帳簿及び標識に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 宅地建物取引業者の従業者は、宅地建物取引業者が発行する従業者証明書を
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 2:14 AM |
【宅建過去問】(平成19年問17)事後届出(国土利用計画法)
国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。  宅地建物取引業者であるAとBが、市街化調整区域内の6,000m2の土地について、Bを権利取得者とする売買契約を締結した場合には、Bは事後
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 3:47 AM |
【宅建過去問】(平成19年問18)都市計画法全般
都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 高度地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区である。 都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 3:53 AM |
【宅建過去問】(平成19年問19)開発許可(都市計画法)
都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。 開発許可を受けた開発区域内において、当該開発区域内の土地について用途地域等が
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 3:54 AM |
【宅建過去問】(平成19年問20)開発許可(都市計画法)
土地の区画形質の変更に関する次の記述のうち、都市計画法による開発許可を受ける必要のないものの組合せとして、正しいものはどれか。 ア 市街化調整区域内における庭球場の建設の用に供する目的で行う5,000m2の土地の区画形質の変更 イ 市街化調整区域内に
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 3:55 AM |
【宅建過去問】(平成19年問21)建築基準法全般
建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 建築主は、共同住宅の用途に供する建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が180m2であるものの大規模の修繕をしようとする場合、当該工事に着手する前に、当該計画について建築主事の確認を受けなけれ
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:15 AM |
【宅建過去問】(平成19年問22)用途制限(建築基準法)
第二種低層住居専用地域に指定されている区域内の土地(以下この問において「区域内の土地」という。)に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、特定行政庁の許可については考慮しないものとする。 区域内の土地においては、美
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:19 AM |
【宅建過去問】(平成19年問23)宅地造成等規制法
宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内においても、宅地造成に伴う災害
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:21 AM |
【宅建過去問】(平成19年問24)土地区画整理法
土地区画整理法における土地区画整理組合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 土地区画整理組合を設立しようとする者は、事業計画の決定に先立って組合を設立する必要があると認める場合においては、5人以上共同して、定款及び事業基本方針を定め、その組合
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:21 AM |
【宅建過去問】(平成19年問25)農地法
農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 農業者が相続により取得した市街化調整区域内の農地を自己の住宅用地として転用する場合には、法第4条第1項の許可を受ける必要はない。 住宅を建設する目的で市街化区域内
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 5:24 AM |
【宅建過去問】(平成19年問08)根抵当権
Aは、自己所有の甲不動産につき、B信用金庫に対し、極度を3,000万円、被担保債権の範囲を「信用金庫取引による債権」とする第1順位の根抵当権を設定し、その旨の登記をした。なお、担保すべき元本の確定期日は定めなかった。この場合に関する次の記述のうち、民法の
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 8:51 PM |
【宅建過去問】(平成19年問13)物権の移転と対抗問題
Aが所有者として登記されている甲土地上に、Bが所有者として登記されている乙建物があり、CがAから甲土地を購入した場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。 Bが甲土地を自分の土地であると判断し
| 宅建試験合格TV | 2007/10/24 10:10 PM |
【宅建過去問】(平成19年問26)特定居住用財産の買換え特例
租税特別措置法第36条の2の特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 譲渡資産とされる家屋については、その譲渡に係る対価の額が5,000万円以下であることが、適用要件とされている。 買換資産とされ
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:41 AM |
【宅建過去問】(平成19年問28)不動産取得税
不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 平成19年4月に土地を取得した場合に、不動産取得税の課税標準となるべき額が30万円に満たないときには不動産取得税は課税されない。 平成10年4月に建築された床面積200?の中古住宅を法人が取得した
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:42 AM |
【宅建過去問】(平成19年問29)不動産鑑定評価基準
不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。 不動産の価格を求める鑑定評価の基本的な手法は、原価法、取引事例比較法及び収益還元法に大別され、原価法による試算価格を積算価格、取引事例比較法による試算価
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:44 AM |
【宅建過去問】(平成19年問46)住宅金融支援機構
平成19年4月1日に住宅金融公庫(以下この問において「公庫」という。)は廃止され、独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)が設立された。機構の業務に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 機構は、住宅の建設、購入、
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:45 AM |
【宅建過去問】(平成19年問48)統計
宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 平成19年地価公示(平成19年3月公表)によれば、平成18年の1年間の地価変動率は、全国平均で住宅地がマイナス1.5%、商業地がプラス2.3%となり、住宅地は引き続き下落しているが、商業地は平成3年
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:47 AM |
【宅建過去問】(平成19年問49)地盤の特徴
地盤の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 谷底平野は、周辺が山に囲まれ、小川や水路が多く、ローム、砂礫等が堆積した良質な地盤であり、宅地に適している。 後背湿地は、自然堤防や砂丘の背後に形成される軟弱な地盤であり、水田に利用さ
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:47 AM |
【宅建過去問】(平成19年問50)建築物の構造
建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 防火地域内に建築する仮設建築物の基礎に木ぐいを用いる場合、その木ぐいは、平家建ての木造の建築物に使用する場合を除き、常水面下にあるようにしなければならない。 建築物に近接してその建築
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:48 AM |
【宅建過去問】(平成19年問47)景品表示法
宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。 新築分譲マンションの広告に住宅ローンについて記載する場合、返済例を表示すれば、当該住
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 12:52 AM |
【宅建過去問】(平成19年問26)特定居住用財産の買換え特例
租税特別措置法第36条の2の特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 譲渡資産とされる家屋については、その譲渡に係る対価の額が5,000万円以下であることが、適用要件とされている。 買換資産とされ
| 宅建試験合格TV | 2007/10/25 1:15 AM |
宅地建物取引主任者試験、詐欺、脅迫、過去問
1989年3 A所有の土地が、AからB、BからCへと売り渡され、移転登記も完了している。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。 (1)AはBにだまされて土地を売ったので、その売買契約を取り消した場合、そのことを善意のCに対し
| 宅地建物取引主任者の日記 | 2007/10/26 11:21 PM |
【宅建過去問】(平成19年問01)意思表示・意思能力
A所有の甲土地についてのAB間の売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 Aは甲土地を「1,000万円で売却する」という意思表示を行ったが当該意思表示はAの真意ではなく、Bもその旨を知っていた。この場合、Bが「1,000
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 12:47 AM |
【宅建過去問】(平成19年問02)復代理
Aは不動産の売却を妻の父であるBに委任し、売却に関する代理権をBに付与した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 Bは、やむを得ない事由があるときは、Aの許諾を得なくとも、復代理人を選任することができる。 Bが
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 12:48 AM |
【宅建過去問】(平成19年問03)物権の移転と対抗問題
Aが所有者として登記されている甲土地の売買契約に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 Aと売買契約を締結したBが、平穏かつ公然と甲土地の占有を始め、善意無過失であれば、甲土地がAの土地ではなく第三者の土地であった
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 12:50 AM |
【宅建過去問】(平成19年問04)共有
A、B及びCが、持分を各3分の1とする甲土地を共有している場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 共有者の協議に基づかないでAから甲土地の占有使用を承認されたDは、Aの持分に基づくものと認められる限度で甲
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 12:51 AM |
【宅建過去問】(平成19年問05)不法行為
不法行為による損害賠償に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 不法行為による損害賠償の支払債務は、催告を待たず、損害発生と同時に遅滞に陥るので、その時以降完済に至るまでの遅延損害金を支払わなければならない。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 12:53 AM |
【宅建過去問】(平成19年問07)担保物権
担保物権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 建物の建築工事の費用について、当該工事の施工を行った者が先取特権を行使するためには、あらかじめ、債務者である建築主との間で、先取特権の行使について合意しておく必要が
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 9:44 AM |
【宅建過去問】(平成19年問09)債権譲渡
債権の譲渡に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 指名債権が二重に譲渡され、確定日付のある各債権譲渡通知が同時に債務者に到達したときは、各債権譲受人は、債務者に対し、債権金額基準で按分した金額の弁済請求しかできな
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:27 PM |
【宅建過去問】(平成19年問10)債務不履行・危険負担
平成19年9月1日にA所有の甲建物につきAB間で売買契約が成立し、当該売買契約において同年9月30日をもってBの代金支払と引換えにAは甲建物をBに引き渡す旨合意されていた。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 甲建
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:28 PM |
【宅建過去問】(平成19年問11)瑕疵担保責任
宅地建物取引業者でも事業者でもないAB間の不動産売買契約における売主Aの責任に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 売買契約に、隠れた瑕疵についてのAの瑕疵担保責任を全部免責する旨の特約が規定されていても、A
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:29 PM |
【宅建過去問】(平成19年問12)相続
AがBに対して1,000万円の貸金債権を有していたところ、Bが相続人C及びDを残して死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 Cが単純承認を希望し、Dが限定承認を希望した場合には、相続の開始を知った時か
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:30 PM |
【宅建過去問】(平成19年問14)定期建物賃貸借(借地借家法)
借地借家法第38条の定期建物賃貸借(以下この問において「定期建物賃貸借」という。)と同法第40条の一時使用目的の建物の賃貸借(以下この問において「一時使用賃貸借」という。)に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:31 PM |
【宅建過去問】(平成19年問15)区分所有法
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 規約は、管理者が保管しなければならない。ただし、管理者がないときは、建物を使用している区分所有者又はその代理人で規約又は集会の決議で定めるものが保管しなければならない。
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:31 PM |
【宅建過去問】(平成19年問16)不動産登記法
不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定に.よれば、誤っているものはどれか。 表題部所有者であるAから土地を買い受けたBは、Aと共同してBを登記名義人とする所有権の保存の登記の申請をすることができる。 共有物分割禁止の定めに係る権利
| 宅建試験合格TV | 2007/10/27 7:32 PM |
宅地建物取引主任者、登録実務講習DVDの画像(写真)
宅建試験に合格しても、登録しなければ、宅建主任者には、なれません。 実務経験の無い場合、登録実務講習が、あります。 数年前にうけました。申し込みは、最近は、いろいろ、ある、かもしれません。数年前は、不動産流通近代化センターしか、在りませんでした。 D
| 宅地建物取引主任者の日記 | 2007/11/20 2:31 PM |
宅地建物取引主任者資格試験、合格証書(実物写真、画像)
宅地建物取引主任者資格試験に合格すると、郵送で、送られてきました。 この後、登録を、しなければ、いけません。 宅建合格TV
| 宅地建物取引主任者の日記 | 2007/12/25 10:13 PM |
宅地建物取引主任者資格試験、もうすぐ、ですね。あと3ヶ月、以内に、試験が終われば、解答速報も、宅地建物取引主任者資格登録に係る実務講習、終了証書、実物、画像、写真
宅建試験も、あと3ヶ月、なくなり、ましたね。 申し込みは、済みましたでしょうか。 サイトで、確認、宅建申し込み、郵送は、7/31?まで、 気は、はやいですが、宅建試験の解答速報を、している、サイトに、( 東京法経学院 解答速報も、2007年は、あった
| 宅地建物取引主任者の日記(高校入試数学) | 2008/07/29 10:49 PM |