SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成13年問30)免許の要否 | main | 【宅建過去問】(平成13年問32)取引主任者 >>
【宅建過去問】(平成13年問31)取引主任者

宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に規定する取引主任者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都道府県知事は、宅地建物取引主任者資格試験を不正の手段で受験したため合格決定が取り消された者について、同試験の受験を以後5年間禁止する措置をすることができる。
  2. 宅地建物取引主任者資格試験に合格した者でも、3年間以上の実務経験を有しなければ、法第18条第1項の登録を受けることができない。
  3. 甲県内に所在する事務所の専任の取引主任者は、甲県知事による法第18条第1項の登録を受けている者でなければならない。
  4. 宅地建物取引主任者証を滅失した取引主任者は、宅地建物取引主任者証の再交付を受けるまで、法第35条の規定による重要事項の説明をすることができない。

正解:4

【1】 X 誤り

受験禁止の期間は最長で3年間である(宅地建物取引業法17条1項・3項)。
5年間禁止することはできない。

【2】 X 誤り

登録を受けるためには、原則として2年以上の実務経験が必要である(宅地建物取引業法18条1項、同法施行令13条の15)。
3年間以上ではない。

※実務経験がない者でも、国土交通大臣が指定する講習を受講すれば登録することができる(宅地建物取引業法18条1項、同法施行令13条の16)。

【3】 X 誤り

成年である専任の取引主任者であればよい(宅地建物取引業法15条1項)。
登録している都道府県がどこかであっても構わないので、「甲県知事による登録を受けた者」である必要はない。

【4】 ○ 正しい

重要事項説明の際には、相手方に対して、主任者証を提示する必要がある(宅地建物取引業法35条3項)。
したがって、主任者証を滅失した取引主任者は、再交付を受けるまでは重要事項を説明することができない。
  1. 宅建試験合格TV | [Point.09] 宅地建物取引主任者
  2. 宅建試験合格TV | [Point.10] 専任の取引主任者
  3. 宅建試験合格TV | [Point.15] 取引主任者証の提示義務

| 平成13年過去問 | 03:31 | comments(0) | trackbacks(5) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/641510
[Point.09] 宅地建物取引主任者
1.宅地建物取引主任者 宅建試験合格(講習)後、 都道府県知事の登録を受け、 取引主任者証の交付を受けた者 2.宅地建物取引主任者の職務・権限 顧客に対する重要事項の説明 重要事項の説明時の交付書面に記名押印すること 契約締結
| 宅建試験合格TV | 2007/09/06 10:46 PM |
[Point.10] 専任の取引主任者
宅建業者は、 事務所については、宅建業に従事する者5人に1人以上、 案内所等については、1人以上の、 成年者である専任の取引主任者を置かなければならない。 【宅建過去問】(平成18年問31)取引主任者 【宅建過去問】(平成18年
| 宅建試験合格TV | 2007/09/06 10:47 PM |
[Point.15] 取引主任者証の提示義務
取引の関係者から請求→取引主任者証を提示する必要。 重要事項の説明をする場合には、相手方の請求がなくても主任者証を提示せねばならない。 【宅建過去問】(平成14年問31)取引主任者・主任者証 【宅建過去問】(平成13年問31)取
| 宅建試験合格TV | 2007/09/06 10:49 PM |
宅地建物取引主任者 資格 2007/08/25~09/25
宅地建物取引主任者 資格についての最近の情報です。
| (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第六倉庫 資格・仕事 | 2007/09/25 6:27 PM |
【宅建過去問】(平成21年問29)宅建主任者試験・登録
次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 都道府県知事は、不正の手段によって宅地建物取引主任者資格試験を受けようとした者に対しては、その試験を受けることを禁止することができ、また、その禁止処分を受けた者に対し2年を上限
| 宅建試験合格TV | 2009/10/21 10:55 PM |