SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成14年問19) 開発許可(都市計画法) | main | 【宅建過去問】(平成14年問21)建築確認(建築基準法) >>
【宅建過去問】(平成14年問20)用途制限(建築基準法)

建築基準法第48条に規定する用途規制に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、特定行政庁の許可は考慮しないものとする。

  1. 第一種低層住居専用地域内では、小学校は建築できるが、中学校は建築できない。
  2. 第一種住居地域内では、ホテル(床面積計3,000m2以下)は建築できるが、映画館は建築できない。
  3. 近隣商業地域内では、カラオケボックスは建築できるが、料理店は建築できない。
  4. 工業地域内では、住宅は建築できるが、病院は建築できない。

正解:1

【1】 X 誤り

第一種低層住居専用地域内では、小学校だけでなく、中学校・高等学校も建築することができる(建築基準法48条1項建築基準法別表第2(い)項)。

【2】 ○ 正しい

第一種低層住居専用地域内では、ホテル(床面積計3,000m2以下)は建築できるが、映画館は建築できない(建築基準法48条5項建築基準法別表第2(ほ)項)。

【3】 ○ 正しい

近隣商業地域内では、カラオケボックスは建築できるが、料理店は建築できない(建築基準法48条8項建築基準法別表第2(ち)項)。

【4】 ○ 正しい

工業地域内では、住宅は建築できるが、病院は建築できない(建築基準法48条11項建築基準法別表第2(る)項)。
  1. 宅建試験合格TV | [Point.69] 建築基準法:用途制限

| 平成14年過去問 | 03:04 | - | - | - | - |