SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

(旧)宅建試験合格TV

現在は新サイト『過去問徹底!宅建試験合格情報』に移転しています。http://blog.e-takken.tv/
<< 【宅建過去問】(平成16年問31) 免許の欠格要件 | main | 【宅建過去問】(平成16年問33) 専任の取引主任者 取引主任者の登録 >>
【宅建過去問】(平成16年問32) 宅建業の免許に関わる届出

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者個人A(甲県知事免許)が死亡した場合、Aの相続人は、Aの死亡の日から30日以内に、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
  2. 宅地建物取引業者B社(乙県知事免許)の政令で定める使用人Cが本籍地を変更した場合、B社は、その旨を乙知事に届け出る必要はない。
  3. 宅地建物取引業の免許の有効期間は5年であり、免許の更新の申請は、有効期間満了の日の90日前から30日前までに行わなければならない。
  4. 宅地建物取引業者D社(丙県知事免許)の監査役の氏名について変更があった場合、D社は、30日以内にその旨を丙県知事に届け出なければならない。

正解:1

  1. X 誤り
    Aの相続人はAの死亡を知ったときから30日以内に届出をしなければならない(宅地建物取引業法11条1項カッコ書)。
    死亡の日
    からではない。
  2. ○ 正しい
    政令で定める使用人の本籍地は、宅地建物取引業者名簿の登録事項ではない(宅地建物取引業法8条、9条)。
    したがって、変更があったとしても届出をする必要はない。
  3. ○ 正しい
    免許の有効期間は5年であり、期間満了日の90日前から30日前までに更新申請が必要である(宅地建物取引業法3条2項、3項
  4. ○ 正しい
    監査役(役員に含まれる)の氏名は、宅建業者名簿の登録事項である(宅地建物取引業法8条2項3号)。したがって、変更があった場合には、30日以内に届出をしなければならない(宅地建物取引業法9条)。

  1. 宅建試験合格TV | [Point.07] 届出(1)
  2. 宅建試験合格TV | [Point.08] 届出(2)

| 平成16年過去問 | 01:57 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |









http://blog.e-takken.tv/trackback/592533
[Point.07] 届出(1)
宅建業者は、宅建業者名簿の登載事項に変更があった場合は、30日以内に免許を受けた国土交通大臣または都道府県知事に届出 〔記載事項〕 商号または名称 法人の役員及び政令で定める使用人の氏名 個人業者及び政令で定める使用人の氏名 事務所の名
| 宅建試験合格TV | 2007/10/28 11:56 PM |
[Point.09] 宅地建物取引主任者
1.宅地建物取引主任者 宅建試験合格(講習)後、 都道府県知事の登録を受け、 取引主任者証の交付を受けた者 2.宅地建物取引主任者の職務・権限 顧客に対する重要事項の説明 重要事項の説明時の交付書面に記名押印すること 契約締結
| 宅建試験合格TV | 2007/10/28 11:57 PM |
【宅建過去問】(平成21年問28)宅建業者の届出
次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。 法人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、役員の住所について変更があった場合、その日から30日以内に、その旨を甲県知事に届け出なければな
| 宅建試験合格TV | 2009/10/21 10:17 PM |
【宅建過去問】(平成21年問26)免許
次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。 本店及び支店1か所を有する法人Aが、甲県内の本店では建設業のみを営み、乙県内の支店では宅地建物取引業のみを営む場合、Aは乙県知事の免許を受けなければならない。 免許の更新
| 宅建試験合格TV | 2009/10/21 10:53 PM |